呼吸器外科の投薬に対する診療報酬の算定について



呼吸器外科や様々な診療科で診療報酬として算定するのが、投薬料です。投薬のないカルテは少なく、医療機関の規模や科に関係なく投薬は日常的に行われています。投薬料は医療機関の大きな収入源でもあり、きちんと算定することが大切なのです。


保険診療で使用する薬剤は、厚生労働大臣が定める薬価基準に載っているものを使用します。薬価基準は内用薬と注射薬、外用薬に分類されています。内用薬は飲む薬のことで、注射薬は注射器で注射する薬剤です。外用薬は、体の外から作用させる薬です。


同じ薬剤でも細粒や錠剤、カプセルやシロップと剤形が違ったり、規格や単位も変わってきます。シロップは1ミリリットルに含まれる薬効成分により、薬の価格が違います。カルテに書かれた薬剤の価格を求めるには、品名から剤形、規格の順に確認します。


投薬の費用の算定は、入院中の患者に対しての場合と外来の患者に対する場合では、算定方法が異なります。外来患者の算定方法では、薬剤料に調剤料、処方量と調剤技術基本料を加算して算定します。調剤料は、薬剤師が薬を調合する技術料のことです。

◆nanomark-therapeutics.comオススメページ一覧◆

SUB MENU

おすすめサイト